wan shan ling for Godard




週末もたくさんの方々がお越し下さいました。
ありがとうございました。

今週の営業時間は15:00-21:00、水曜定休とさせて頂きます。






wan shan ling  white shirts collection for Godard

Godard立ち上がりの目玉はこちらではないでしょうか

第1弾としてRachel Whitereadから着想を得たスペシャルな3枚を。






彼女の作品制作の手法はコンクリートや樹脂、ゴム、金属などの工業用材料を建物内部の空間に流し込んで

空間を抜き出します。いわば空間のデスマスクといったところでしょうか。
女性として初めてターナー賞を受賞しています。



2017年の冬 ロンドンでのバイイングの合間、TATE Britainで見た彼女の展示。

1年と少しの時を経て、シャツという姿となった彼女のメッセージと再会を果たしました。





さてシャツについてですが、
ワークシャツやミリタリーシャツがベースの幅広袖太ワンサイズで、コットン100%1型と
コーデュラ生地2型の展開です。
ワークウェアで用いられる生地、そして2枚袖による運動量の加味。羽織としてお召し頂ける
汎用性もあります。


ただ、垂涎ポイントはまた別。

ドレスシャツに見られるヨークの仕様、ハンガーループ、カッティング。
そしてハイライトはこのステッチのピッチ。






ステッチの無い襟や襟のサイズバランス。

相反するものが詰め込まれた強さや、知性、力強さ。
女性的であり、男性的。

単にモチーフとしてレイチェルの作品を落とし込んでいるのではなく、まさに彼女自身の

バランス感覚やメッセージ性を踏襲したシャツに仕上がっているのではないでしょうか。


言いたい点は枚挙に暇がないのですが、実際に見て頂き、wan shan lingのストイックな姿勢を

感じて欲しいです。
デニムでも、スラックスでも、何にでも合いますから。



photo: TAKAHIRO KANIYA
@mityp_object



Sasako / Godard director
info@godard-ltd.com



コメント