”1950 Pattern”





代々木までわざわざ足を運んで下さる方もかなり増えまして
ありがとうございます。
半数は女性。意外に多いですね。
実際2組以上店内にいると、きちんとお話しできず申し訳ない事もありますが

1番多い議題はどこでスーツを作るか
次に進路相談

こんなところです。だいぶゆるいですから、お気軽にどうぞ。


British Army Khaki Drill Shorts ”1950 Pattern”
Size: 5, 7, 8



ドリルショーツ入荷してます。
もうお馴染みですが、オリジナルに関しては夏に探してもどこも完売ですので。

残3枚となりました。

おじさんがグルカショーツを履くなら
洗いざらしのシャルべのシャツをインして、クロコかリザードのローファー。
僕はシャルべやレスレストンのシャツにフェラガモのクロコを履いてます。寒い時はヴァルスターのスエードブルゾンやフェデーリのナイロンブルゾンを羽織って。
秋にはツイードジャケットでも面白そうです。
女性はセリーヌのブラウスでしょうか。



1949 Patternと1950 Patternの違いは確かベルトループとポケット

今回はベルトループ無し、バックポケットの付いた1950 Patternをピックアップしてます。

ちなみにこのショーツ、グルカ兵は皆ガリガリだったのか
だいたいウエストが小さいです。〜W30がほとんど。

ところが



奇跡の8。表記は34ins. to 36ins. 実寸は86cmなので〜W34程度
初めて見たビッグサイズ。これで履けなかったらオリジナルは諦めて下さい。
1967年Dated、ブロードアロー、状態、文句なしです。




Size7は1958年Dated
〜W31,32





Size5は1961年
〜W30くらい。レングスも短めです。


お急ぎ下さい。
雨止んだし。









Sasako / Godard director 
info@godard-ltd.com 

Hasegawa Bldg. 2F 
1-37-4 Yoyogi 
Shibuya-ku Tokyo 

15:00-21:00



コメント