荷風のリネンスーツ




「濹東綺譚」(1992)



永井荷風の同名小説を基に、主人公を荷風本人に置き換え映画化されたもの。
舞台は東京 玉ノ井(東向島)。

久し振りに観ましたが、やはり荷風好きからすると永井荷風=津川雅彦に違和感。
しかし荷風作品を映像化してくれた事にただ感謝。
エロ抜きでも楽しめます。

小津安二郎が「東京物語」の舞台を東向島駅近くの堀切駅に設定したのは荷風の影響だったと言われている事はよく知られていますし
ほど近くの浅草には荷風が通った洋食の名店アリゾナキッチンがありましたね

荷風が銀座や浅草へ出かける際は必ずスーツを着ていた

なんてことを思いながら観ていると、やっぱり目が行くのは津川さん着用カーキの3ピース。



ちなみにソックスもスーツと同色にまとめているところが憎い。

荷風が銀座 田屋で購入したと思しきハットもいいよな。




昭和天皇、上皇陛下、吉田茂、夏目漱石、森鴎外
ウィンザー公にチャーチル、
ヴィスコンティ、ボガード、デ シーカ、サマセット モーム、マーク トウェイン...



よし、行きつけの蕎麦屋でも作って
2020年夏の為にリネンスーツを誂えよ。






Sasako / Godard director
info@godard-ltd.com 

Hasegawa Bldg. 2F 
1-37-4 Yoyogi 
Shibuya-ku Tokyo 

15:00-21:00




コメント