変態という名の紳士



縮絨

90年代後半、Homme Plusと縮絨素材がバカ売れしていた頃。
コムデギャルソン時代のある大大先輩はPlusの縮絨ジャケットを着て有楽町駅前で休憩していました。

すると通りすがりのサラリーマンに
「ちゃんと働かなきゃダメだよ。」

と言われたそうな。

そう。ホームレスに間違えられる程、当時の縮絨はキワキワだったという事。




Godardの立ち上がりから展開している縮絨のジャケット。
店内でも一際異彩を放っておりました。

残3点になってしまいましたが、遅ればせながらご紹介を。








マナス
本業はパタンナーの彼。
Godard立ち上げの際にどうしても良き頃の縮絨ジャケットが欲しくて、作って頂いたのがManasの始まりです。

もともとJohn skeltonのテイストやNUMBER (N)INEを愛用していた彼の趣向と、90年代のフェルトみたいな縮絨、それに1900年代のクラシックなパターンをブレンドして出来上がったものが第1弾のコレクションという事です。

ノーベント、本切羽、カマ浅、袖2つボタンとクラシックもクラシック。
そんな本格ジャケットをこれでもか。と縮めました。




表地のウールと縮率の違う化繊を裏地にしたことで、敢えてベロっと出るように。
襟も丁寧な作りですが、縮んだ後は非常に具合の悪い感じに。

そんな不恰好に成り果てたジャケットですが、袖を通すと







アルチザンとハイファッション、サルトの丁度真ん中。
全てのスタイルの方に門戸が開かれているのでは。





個人的にはこれくらいのエグ味が気分です。
CdG Homme PlusのMy way期とピンクパンサー。
靴はローファー辺りでしょうか。



全て同じパターンから縮めておりますが、ウールの縮率の差で一応大きめと小さめがあります。
ウールが重くない為3シーズン対応。今、着れます。



生地感はうまく伝わりませんが、本来の縮絨の存在感、いま新鮮じゃね。つって
その辺のアルチザンもどきがオモチャに見えてしまう。なんて言うとドヤされますが、本当に良い出来でした。
洗濯機で洗えるし。

¥56,160-
one size fits all




Sasako / Godard director 
info@godard-ltd.com 

Hasegawa Bldg. 2F 1-37-4 
Yoyogi Shibuya-ku Tokyo 

15:00-21:00

コメント