Midsummer Night's Dream





ハンフリー ボガート、ピーター セラーズ、
チャプリン、ピアース ブロスナン、デビー レイノルズ..

アクアスキュータムはヒーローの外套の象徴であり、かつては英国王室御用達でもありました。


ボクシーで無骨なバーバリーに対し
アクアスキュータムはAラインで都会的。そして無双仕立てというテクニシャン。

個人的には後者が好みです。

C100、コットン100%のものや1枚袖なんかを探している方もまだ多いですね。


しかしもう暑いです。コットン100では。
スーツやジャケットなんかも夏場はコットンスーツよりサマーウールの方が断然涼しいし
特に春〜初夏には麻や絹に目が無い僕にとって、スプリングコートはシルク1択。
色は涼しげなクリームかブルー系。
それとエルメスのシルクのカレは必需品。

と来ればこちら。



Aquascutum Balmacaan coat
Midnight Navy / Silk 100%
¥81,000 (Sold)



シルク100%のステンカラー、色はまさに夏の夜。
シルクにしか出せない、深夜3:00頃のdeepなネイビー。



西陽を浴びると増すセクシーさ



Aラインならではの裾のドレープ




サイズはややオーバー
着丈107cm、身幅67cm
古着にありがちな袖丈足らずの感はありません。
ほぼデッドストックなので、これから育ててゆき
じじいの歳にはしなやかさを増し、着頃になっていることでしょう。


春のシルク
夏のリネン
秋のウール
冬のカシミヤ、ビキューナ

四季の装いこそ、ウェルドレッサーへの近道なのではないか。


紀元前より世界の東西を結んだ交易路、シルクロード
そんなノスタルジアを否応なく掻き立てる絹という素材と
英国の格調高い外套。


毎年の梅雨の楽しみに
1着どうぞ。









Sasako / Godard director 
info@godard-ltd.com 

Hasegawa Bldg. 2F 
1-37-4 Yoyogi 
Shibuya-ku Tokyo 

15:00-21:00



コメント