Paris








連日35℃前後のツラミ
せっかくハンドキャリーしてきたスーツやジャケットはロンドンでしか着られず
ファッションウィークにも関わらず、シャツにチッチオのトラウザーかハバダッシェリーのグルカといういつも通りさ。

ショーやショールーム回りがひと段落し、己の買い物に精魂を注いでおります。
とはいえパリはセールシーズンですので、さらっと。恒例行事、シャルべでシャツをオーダーし、セール無縁のテーラーを巡ります。

エルメスのスーツも良いのだけれど、パリの名門テーラーといえばチフォネリ

ただ今回1番の目的はこちら、





HUSBANDS PARIS


モダンですね
色やスタイリングに関しては非常にパリ的。一方で生地はイギリス、仕立てはイタリア、と現代的なミックスバランスを持っており
ネイビー、グレー、ベージュと控えめなスーツに、真っ赤なマリンセーターを挟む妙
足元にアンクルブーツを合わせるなど、どこかフェミニンを感じさせるのはモード大国の出自ゆえ。


仕様は昨今の主流とは対極に位置していて、コンケープショルダーに肩パット、フルキャンバスライニングと徹底して構築スーツを作っております。
それはさながら、かのイヴ・サンローランのスーツスタイル。










John ××bbのデラーノの完コピも作ってるようで。
えぇ、買います。





Sasako / Godard director 
info@godard-ltd.com

Hasegawa Bldg. 2F 
1-37-4 Yoyogi 
Shibuya-ku Tokyo 

15:00-21:00

コメント