夏の終わりのハーモニー



Godard Haberdasheryのハウススタイル、股上の深い2プリーツトラウザーズのシルエットそのまま、ミリタリー由来の生地で仕立てました。

LARUSMIANI社のコットンドリル "SPINKER DRILL"
「第二次世界大戦中アフリカ大陸を本拠としたイギリス軍は砂漠の暑さに耐えうる衣服を必要としました。マンチェスターにある織物業者が通気性がよく断熱性があり、とても暑い気候に適応する綿の布地を開発しましたが、戦争が終わると同時にこの布地の製造が中止になりました。
 LARUSMIANI社はその後、技術的なノウハウを忠実に再現してこの布地を現在のコレクションの一部として製造しています。」



グルカパンツで見慣れたコットンドリルのガサッとした生地と仕立ての良いショーツのハーモニー。

2-2-3 Shibuya, Shibuya, Tokyo 
info@godard-ltd.com

Posts les plus consultés de ce blog

Ciccio

太陽に溶け込んだ海を。

ラクロワとエルメス