AW2020からのSS2021







Godard Haberdashery Autumn/Winter 2020 パーソナルオーダー
実は常時受け付けているパーソナルオーダーなのだが、これだけ豊富にバンチが揃うのは9.29(火)まで。
数千の生地からお気に入りを掘り出そう。

















VITALE BARBERIS CANONICO, ANGELICO, LARUSMIANI, DORMEUIL,
TAYLOR & LODGE, DUGDALE BROS & CO, BRISBANE MOSS, FOX BROTHERS, W.BILL, SAVILLE CLIFFORD, HARRIS TWEED etc..

バルカラーやアルスターコート、スーツから、お馴染みのフルキャンバスジャケット、ST.LAURENCEサファリジャケット、ST.MARTINアトリエジャケット、ASCOTジップトラウザーズや2プリーツといったパンツ類まで。女性の方もサイズ感、フィッティングの相談に乗ります。



10月下旬〜11月初旬のお渡しと、受け取ったその場で着て帰れるタイムリーなスケジュール。
デポジットが1点につきキャッシュで1万円なので、それだけ握りしめて来て頂きたい。
予約不要だが、時間と気持ちに余裕のある時にご来店を。




コート用の生地やツイードなどモッサリ重めの生地を用いて、コート代わりになるジャケットがあれば、電車・車移動の多い現代においては十分なのかもと毎年思う。セーターを着て、襟を立て、ストールを巻いて、おわり。






ボタンはどうするか。裏地の色は。ポケットは箱にするか。一層のこと4パッチにしようか。
もも丈のアルスターコート、コーデュロイのセットアップ、ツイードのショーツ..











あと、少々前のめりでRotaのSS2021生地も来ていて、
前後してAW2020のパーソナルオーダー用の生地もぼちぼち届くので、上着類と併せて検討するのも楽しいのではないでしょうか。




2-2-3 Shibuya, Shibuya city, Tokyo 
info@godard-ltd.com









コメント