ラクロワとエルメス


1980年代、ファッション界の頂点を極めたクリスチャン・ラクロワ。独立するおよそ10年前の1978年にはエルメスに入社し、腕を磨いた2020 S/S ドリス・ヴァン・ノッテンとのコラボレーションも記憶に新しい。
彼自身の装いは、ファンシーな色やペーン柄、ストライプ×ドットといった合わせを好み、実に当時のフランス人デザイナーらしい趣味であった。




12月3日より開催中のGodard Haberdasheryオーダー会では、彼の最も活躍した1970年代から80年代と、1990年代の「エルメスの世界」に登場する主にチェック柄にフォーカスし、マニアックなヴィンテージ生地を揃えました。
特に1970年代の生地は、すでに廃業していて聞いたこともないような生地屋のものや、渋すぎる配色のもの、形容し難い絶妙なトーンが魅力です。




12月13日(日)までです。


ちなみに、エルメスやインバーティアのダッフル生地でお馴染み、今はなきムーアブルックのヴィンテージ ピュアカシミヤも3色あります。珍品ですよ。


2-2-3 Shibuya, Shibuya, Tokyo 
info@godard-ltd.com

Posts les plus consultés de ce blog

Ciccio

太陽に溶け込んだ海を。